FXトレードにおける成功と失敗体験談。

FXで成功した体験談

安い給料から

私がFXを始めたきっかけになったのは、会社の先輩がきっかけでした。

その当時私は小さな工場でお菓子を製造する仕事をしており、田舎に住んでいるので、収入は高くなく、職業の方では低いほうでした。

そんな時、元々仲良くしていた会社の先輩が職場を辞めることになったのです。

私は理由を聞いて見ると、副業でうまくいったから,外で働く必要がなくなったとのこと。

一体何の副業をしているか聞いてみたところ、FXというものをやっていたそうなんです。

私は名前だけは聞いたことがありましたが、どういう副業なのかよくわかりませんでした。

聞いてみると、いわゆる投資なのだとか。

投資というと、下手をすれば莫大な借金を抱えることになりそうで、私にはあまりいいイメージはなかったのですが、その人は、失敗しないよう、あらかじめネットで調べたり、投資に詳しい人にアドバイスをもらったりと、稼げるようになるまで、大変だったと言っていました。

そしてその先輩は私に、「成功する方法を教えてやるから、お前もやってみないか?」と誘ってきたのです。

確かに投資は下手をすれば借金まみれになる可能性がありますが、逆に成功すれば、とんでもない金額になることは知っていました。

安い給料で、好きでもない仕事をするよりは、たくさんお金がもらえて、好きな時間を過ごすことができる方が理想的だなと思い、私はその先輩の誘いに乗り、後日、先輩の家に足を運びました。

先輩は現在、FXで月20万の利益を出しているとのこと、もう5年くらいやっていたそうです。

先輩は主に外為ジャパンFXというのを利用しており、取引の操作画面が見やすくて使いやすいそうで、1000通貨や0.1lotからの少額取引が可能で、負担も少なく、続けやすかったとのこと。

初めは、欧州市場が活発化する9時以降はトレードを避けることを鉄則にしていたそうで、月に1万円~2万ほどの稼ぎだったそうですが、少額から始められるのであれば、初心者の自分でもできるのではないかと思い、先輩と同じ外為ジャパンFXを利用しての副業を始めることにしました。

現在、先輩からのアドバイスをもらいながら、FXを初めて1年くらい経ちましたが、月に2万ほど稼げるようになりました。

なので、先輩が稼いでいるくらいにはなっていないので、工場の仕事もそのまま続けています。

現在先輩は、今まで住んでいた実家を出て、FXで貯めたお金で一軒家を購入したそうです。
私もいつか、FXでもっとお金を稼げるように頑張りたいと思います。

FXで空いた時間を使ってスイングトレード

去年FXを始めました。

私は仕事をしていてデイトレーダーの様にモニターを何個か使って瞬きもせずに画面の前で戦うことが出来ません。

なので新聞のニュースなどを参考に1~2週間の間の通貨の値上がり値下がりを予想してトレードするスイングトレードをやっています。

レバレッジは怖いので今の所は使っていませんが慣れてきたら10倍までならやってもいいかなと思っています。

あとロボットトレードや、ロボアド(全くFXと関係ない投資ですが・・・。)にも興味がありますが、まだ手を出していません。

基本的に米国の情勢が不安定になってくると円が上がりやすいので円が上がったらドルを買います。

有名企業の決算やFRBの発表が終わると安心してドルを買い戻したり米国の利上げの影響でドルを買う人が増えてきます。

そうなるとドル高円安に動きますのでそこで一気にドルを売り円にします。

とはいっても先進国の通貨はそんなに大きく動かないのでレバレッジを掛けない限り株の様に大きく儲けることは出来ないです。

実際に100万円で始めましたが、私の場合儲けは1年間で15万万円でした。

100万円を銀行に預けても全く増えないので年15%の金利と思うと結構いい投資だと思います。

仮に年15%の複利で運用出来たら約5年で2倍になります。

まあそんなにうまくいくかは分かりませんが銀行に預けているかよりは断然にいいです。

FXをやるのは朝、昼休み、夕食の後です。

この時間に相場を確認して売買の意思決定をします。

一度通貨を持つと大体1~2週間はホールドします。

かつコツとしてロスカットを大切にしています。

何%損したら諦める逆に何%利益が出たらあともう少し上がると思っても深追いせずに利益確定してしまうといった感じで自分の中でルールを作ります。

しっかりとルールを作っておけば大きく損をすることはありません。

さすがにデイトレードは時間がありませんし分単位で神経をとがらせながら勝負するのは私の様な小心者には出来ないのでやりません。

FXをやっていると必然と経済に関心を持つようになるので経済知識も増えますし、そのネタを上司や取引先との雑談に使うことが出来るので結構便利です。

金銭的な利益以外にも人間関係でのプラスもありました。

ちなみに私が使っているのは楽天FXです。

レイアウトがシンプルでスマホのアプリが使いやすいですし楽天銀行ならリアル入金、入出金の手数料無料など便利でお得なので使っています。

海外FXのほうがレバレッジ限度が高いです。

FXで失敗した体験談

FXは資本金の金額で決まる

学生時代にネットをサーフィンしていたときFXの記事を見つけました。

この記事では数万円から始めて百万円になりますといった内容でした。

私自身もそのような記事は全く信じていませんでしたが、アルバイトを頑張っていた為、10万円から始めてみることにしました。

最初はビギナーズラックで運よく勝ち、初日は2万円の利益を出す事ができました。

ドル円でしたら、1通貨あたり4円程ですので、2万通貨購入でき、その日は100pips程抜いた計算になります。

ここでいう100pipsは1円の相場の動きを読み取ったということになります。

素人にしてはまずまずの結果でした。

しかし、利益を重ねて行くうちに、やはり人間なので欲が出るのです。

そうなると、取引が雑になってきます。

確実に勝てるような相場での取引ならば分かりますが、ここで買ってしまおう、ここで売ってしまおうなどいい加減な取引ですぐに利益を求めようとし、結果、自分の予想が外れる事がよくありました。

そして、最終的にはロスカットをくらいます。

ロスカットとは資本金に対する証拠金の維持率が満たないときに、FX会社側が強制的に決済をしてしまうシステムです。

これにより、証拠金が尽きてしまうケースが私だけではなく素人の方には多いと思います。

なくなった証拠金では取引ができません。

再度銀行から10万円を入金しました。

この時点で、完全にFXに浸かっています。

利益を出す為に次から次へと投資を繰り返す。

最初は利益を出そうと考えていたものが、利益ではなく、負けた金額を取り返す形に変わってしまいます。

FXに関しては、通貨が上がるかそれとも下がるかを見極めて取引をしますが、正直いってどっちに動くかを予想できても100%ではありません。

なので、FXはパチンコや競馬などのギャンブルに近く、より感情的になったり、熱くなる方にはおすすめできません。

何故かというとFXもギャンブル同様に感情的になったら必ず負けるからです。

それは、上記でも言ったように取引が雑になってしまうからです。

しかし、FXも最初の資金が少なければ、利益もその分、薄いです。

しかし、それなりの金額の資金を用意すれば利益を得やすい投資には違いありません。

例えば最初に資本金として100万円を用意したとするならば、ドル円が1通貨で4円程なので、25万通貨所有する事ができます。

もし、1日で100pips抜いたとするならば利益はなんと25万円です。

上記とは大きな違いですよね。10pipsしか抜けなかったとしても2.5万円の利益です。

なので、FXに関しては最初の資本金が命といっても過言ではありません。

しかし、有り金を全部つっこむようなことはしてはならないのです。私は性格的にFXは向いていませんでした。

ストップロスの設定の失敗です